人をサポートするお仕事~柔道整復師や看護でお助けし隊~

マッサージ

医師事務作業を補助

どういった仕事があるのか

マッサージ

医師の代わりに事務作業を行う仕事で医師事務作業補助という職種があります。医師の作業の負担を軽減を目的として、2008年に診療報酬制度で定義されてから広まってきました。医師事務作業補助者の業務は、医師の指示の下、診療記録の代行入力(電子カルテの入力など)や診断書や紹介状などの医療文書を記載などがあり、他にもカンファレンスの用意をしたり、業務内容はたくさんあります。 医師事務作業補助になるために資格や経験は特にいりませんが、医療用語や専門知識などをもってから仕事に就いたほうが業務を果たす上で苦労が少なくて済みます。 医師事務補助はその医療機関によって様々な名称があります。医療秘書や医療クラークと呼ばれていたりします。そして、医師事務作業補助に就いてから、半年のうちに32時間以上の基礎研修を受けることによって医師事務作業補助体制加算の対象になることで診療報酬に加算されることになっています。

医師作業事務補助の必要性

医師事務作業補助はとくに絶対に必要といった資格はないのですが、民間団体で行う認定試験などはあります。医師事務作業補助に対して診療報酬が払われることになり、通信講座や民間団体による資格もできています。現代の日本では医師不足が問題となっているので、少しでも医師の作業の負担が軽減されるということもあり多くの病院で導入が検討されています。 2010年には医師事務作業補助の診療報酬の引き上げになるとこで今注目されている職種でもあります。 まだ認知度は低いですが、診療報酬制度でも対象を拡大する傾向にあるため今後ますます注目されてくる職種ではないでしょうか。 これからの医療業界にとても必要になってくると考えられるので資格を取得していても損はない業種かもしれません。