人をサポートするお仕事~柔道整復師や看護でお助けし隊~

マッサージ

柔道整復師

柔道整復師の仕事内容

整体

柔道整復師は昔はほねつぎや接骨師と呼ばれ、国家試験に合格し臨床研修を受ければ整骨院や接骨院として開業することができます。柔道整復師の仕事は打撲や捻挫・骨折などの損傷を手術することなく整復・固定によって回復を促進させることです。国家試験を受けるために高校卒業後大学や短大、専門学校で柔道整復師養成課程で3年以上学び、必要科目を取得したのちに国家試験の合格を目指します。国家試験の合格率はおよそ80%程度で学校でしっかり勉強していれば合格できる難易度となっています。医院で修業を積んだ後に独立する人が多いため、将来独立を考えている人にとっては理想的な仕事といえます。しかし柔道整復師は増加の一途をたどっており、競争が激化しているため技術を身に付ける必要があります。

大学か専門学校か

柔道整復師を目指すのであれば学校で学ぶ必要がありますが、大学や短大で学ぶか専門学校で学ぶかの選択肢があります。柔道整復師として独立し働くことを目標にするのであれば、どちらも大差はありません。しかし大学の良いところは、仕事に関する内容のみではなく幅広く学ぶことができることです。そうすれば柔道整復師としてのみではなくスポーツトレーナーなどになるための科目についても学ぶ機会が出てきますし、他の学部も併設されているところが多いため、他の学部の人と知り合えて将来の財産ともなります。これに対し専門学校であれば夜間コースを設置しているところもあり、社会人であっても働きながら通学し、資格取得を目指すことができます。